アルバイト看護師の求人情報が知りたい!

転職で気になる看護師の待遇条件

最近はテレビコマーシャルでも看護師の転職サイトを見たりもします。看護師の皆様も柔軟に転職を考えているようですね。ここでは転職する際にも気になる条件となる看護師の待遇について考えてみましょう。

看護師として避けて通れないのは夜間勤務を代表とする不規則な勤務形態です。 そして給与面や福利厚生面も気になります。 それでは看護師の待遇を個別にみてゆきましょう。

一番目は看護師の収入についてです。 看護師の初任給は一般事務職のOLと比較すると高いですね。 たとえば、三年過程の新卒看護師の初任給は税込みで25万円を超える水準です。 これは平成11年度民間病院採用の平均値です。

平成17年度に行われた人事院調査によれば、看護師の平均給与は約34万円で 看護師長は約42万円でした。 こう見てみると一般事務職と比較しても高い給与水準だと思われます。 けれども看護師の仕事の責任の重さだとか夜間勤務などの長時間勤務があります。 楽をして高い給料をいただいているわけではないんです。

アンケートによりますと収入面では大部分の看護師は不満を抱えている という実態があります。 今から看護師を目指す皆様は、看護師としての仕事のやりがいや誇り・給与面での 満足度を真剣に考えることが大事です。

二番目は看護師の手当についてです。 夜勤は看護師には一般的な手当です。 この夜勤勤務には夜勤手当が支給されます。

社団法人日本看護協会のデータでは、夜勤手当の平均額は、準夜勤で平均3500円、 深夜勤で平均4700円になっています。 勤務時間に対しての手当としては、充分とは言えないように感じます。

三番目は、休暇についてです。 看護師は激務というイメージがありますが、週休二日の勤務スタイルを導入する 病院も多くなっています。 近頃では週休二日で勤務している看護師は70パーセント近くです。 労働条件の改善が見られますね。

優秀な看護師確保が病院でも問題になってきているからでしょう。 年次有給休暇は勤務先によっても違いますが、労働基準法に定められている 有給休暇を大抵の病院は採用していますし、介護休暇や育児休暇も取得できます。

四番目は、夜勤についてです。 看護師の勤務形態は、3交代制と2交代制がほとんどです。 3交代制は24時間を日勤・準夜勤・深夜勤に区分したものです。 2交代制は日勤と夜勤に区分したものです。

夜勤に関しては看護師としては避けて通れない部分です。 けれども近頃では看護師の激務が問題化されていますし、患者様との 接触時間の低下などの問題もあります。 そして優秀な看護師の確保という視点からも極力看護師の負担を減らす ことが考えられています。

病院によって取り組みは異なりますが、準夜勤や深夜勤の時間を減らしたり、 交代時間を少しずつずらしたりと色んな工夫が検討されています。 以上、看護師の待遇について考えてみました。 転職する際の勤務先を選ぶ参考にしてください。