アルバイト看護師の求人情報が知りたい!

准看護師の持つメリット・デメリット

准看護師のメリットとして挙げられるのは、やはり給与面で安定を得られるという点にあります。准看護師の給与水準は正看護師と比較すると若干低めとなっています。しかしながら、女性の仕事として考えると、一般的な企業のOLよりも高水準というのが実情です。

「准看護師は正看護師よりも給料が少ない」というイメージが強いため、全体的に見ても低年収と考えられがちですが、同年代の企業OLの平均年収と比較しても30~60万円程度高くなっています。

准看護師の給与も勤務年数と比較して上がっていきますが、資格取得後、1つの職場で定年まで勤務し続けた場合、最終的な年収は500万円を超えるとされています。准看護師が役職に就くことができないことを考えると、この給与は比較的高額であると言えるでしょう。

また、一般企業に勤務するOLの場合、人生における給与のピークは30代中盤となっていますが、准看護師の場合、勤務先によっては定年まで給与が上がり続けるケースもあります。こういった部分も、准看護師という職種の強みです。

一方、准看護師のデメリットとして挙げられるのは、自己判断で行える業務に制限があるという点にあります。准看護師は医師や歯科医師、看護師をサポートする役割を担っています。そのため、看護業務や行動を起こす際には、医師や看護師の指示が必要となります。

この制限は、緊急を要する場合にも適応されるため、場合によってはもどかしさや理不尽さを感じることもあるはずです。また、すべての業務・行動において指示が必要となる准看護師は、人に指示を出す役職に就くことができません。

正看護師であれば、実績や勤務年数によってリーダーや婦長になることもありますが、准看護師は何年働いてもいわゆる「平社員」扱いです。

このため、准看護師として長年働き続けるためには、自分自身でモチベーションを保ちるづけることが必要となっています。准看護師としての在り方や働き方にプライドを持ち続け、強い意志を持って業務にあたることが重要だと言えるでしょう。